無呼吸症候群は早めに治療を~無防備な睡眠時に忍び寄る影~

病棟

継続することが大切です

病院

週3回1ヶ月以上続きます

夜寝つきが悪かったり、夜中や朝早くに目が覚めてしまったり眠った感じがしないといった症状が不眠症です。しっかり睡眠をとることが出来ないため、日中眠気があったり注意力散漫、体調不良などが起こります。これは加齢とともに増加することが多く、女性に多いといわれています。原因はアルコールやニコチン、カフェインの摂取やストレス、頻尿や環境の変化なども様々なことが考えられます。自分が不眠症かどうかを見分けるための特徴としては寝つけないなどといった症状が週3回、1ヶ月以上続くと不眠症の可能性があります。交感神経が活発な状態にあるため眠れないということが多いので抑えるために気持ちを安らげリラックスすることが不眠症解消につながります。

生活習慣で改善されます

不眠症は生活の中で様々なことに注意していくことで解消されます。まず自律神経を調節させるために毎朝同じ時間に起きて、身体のリズムをつくることが大切です。そして日中軽い運動をすることで適度に疲れ、眠りにつきやすくなります。身体を暖めると眠気を伴いやすくなるので半身浴もおすすめです。そして寝る3時間前にはアルコールやニコチン、カフェインの摂取はもちろん、飲食もしないことが重要です。胃腸の働きが活発になると眠りにくくなります。乳製品やレバーやナッツ類を積極的に摂るのも不眠症解消におすすめです。そして天然成分の不眠症サプリメントなどを飲むのも良いです。様々な方法で不眠症は解消されるのでまずは試してみることが大切です。